子供がおばさんと認定するのは……ほうれい線!


「髪とお肌のお手入れが同時にできる美容室」埼玉県狭山市に生まれ育ちました。なか美容室二代目北風貴子です。地元の美容室から元気になる!を毎日ブログで発信しております!

 

この前、お客様と話をしていて子供が「おばさんと認定するのはなんだと思う?」って議論を交わしました。

まずは私たち50代が

老化によって起こりうる悩みベスト3は……

①しみ

②シワ

③たるみ

ですが

若くてしみがあってもおばさんとは認定されません。なぜかと言うと、肌にハリがあってツヤツヤしてたらおばさんじゃないです。しみのあるお姉さんです。笑笑

同様に、シワとたるみはちょっと似ているかも知れないですけど、笑いジワや眉間のシワではパンチに欠けます。やっぱりたるみが重なってほうれい線が深く長くなってきた時に「おばさん」認定はされるようです。

なんでそんな話になったかと言うと

その方(40代・地区役員)がマスクをしている時は小学生に、おばさん!と呼ばれないのにマスクをしてない時は、おばさん!と呼ばれるそうです。

まぁ、小学生からしたらどっちでもいいんでしょうけどね。笑

 

マスクがなくなった今!隠せませんよ。少しでもたるみを予防改善していきましょう!

 

朝パルトゥーの時間ですよ!

自分磨きにはちょうどいい美顔器です。毎日3分間、お顔の上を滑らせるだけで「クレンジング・マッサージ・保湿」ができます。

 

私も毎日続けていますよ!

ワンコインでお試しできます。ほうれい線も短く薄くなります。私がそうだったから。

 

40代からの若見えメイクレッスン、無料でやってます。ご予約は、04-2952-4761まで。〠350-1319 埼玉県狭山市広瀬2-39-8


ABOUTこの記事をかいた人

北風貴子

最後まで、ブログを読んでくださってありがとうございます。 なか美容室では髪とお肌と同時にお手入れが出来るお店です。毎月のイベントも盛りだくさん。お客様が楽しく毎日を過ごせるようにお手伝い致します。アクティブエイジング!歳を重ねることは何にも怖いことはありません。キチンとお手入れを続けていれば必ず笑顔で過ごせる事間違いないです。 1964年安子先生(母)が埼玉県狭山市になか美容室をオープン。私が1967年に生まれパーマ屋のタカちゃんと呼ばれて育つ。 なか美容室ニ代目。現在は、主人と薬剤師(予定)の息子とヘアーメイクアーティストの娘(吉祥寺で一人暮らし)とココ(トイプードル・雄7歳)ルル(トイプードル・雌4歳)と暮らしています。 健康オタク。髪とお肌は健康な身体が作る通知表。現在、毎月中医学を学びおうちで出来る簡単薬膳を実践中。 将来は『家出カフェ』をオープンするのが夢。