5月に鬱が多いわけ


「髪とお肌のお手入れが同時にできる美容室」埼玉県狭山市に生まれ育ちました。なか美容室二代目北風貴子です。地元の美容室から元気になる!を毎日ブログで発信しております!

 

(お墓参りの途中にあるクローバー畑☘)

春は新芽が出てのびのびと育つ季節です。

人間も新しい環境や新しいお友達が出来てウキウキすることでしょう。その分、いつもより気も使いますよね。

中医学的に、五行学説では春は【木・肝】

肝臓の血をたくさん使います。出血しなくとも肝に血が足りなくなることから起こる未病(病院に行くほどでもないけど、疲れる、かったるいなど。)

肝臓に血が足りなくなると

目…目の調節、涙の調節

筋…足の筋肉がつりやすい

爪…爪が薄くなる、欠けやすい

怒りっぽい…ちょっとのことでイライラする

 

などの症状がてできます。それを放っておくと、土から芽が出ないといけない季節になってもなかなか芽が出なかったり、出てもひょろひょろして枯れてしまうことも。それが人間でいうと「鬱」です。

そんな症状が出てくる前に簡単にできることがあります。

 

土から上に伸びる食材を使う。特に緑や青いもの。(木が伸び伸びと育つイメージ)

ほうれん草やアスパラ、ネギなど。アスパラやネギは勢いがあるので朝食べると元気が出ます。(タケノコは勢いがありすぎるので胃腸の弱弱い人は控えめに。)

後は酸っぱいもの。

金柑などの柑橘類が気を巡らせます。(夜食べるのがオススメ)

 

 

 

中医学的の萌木先生のコロナウイルス対策のお話はとても面白いです。

あとは、まだ気温の変化が激しいので早寝が一番いいです!

 

料理が面倒な方は

プレミアムミドリ(大麦若葉の青汁)とシスリーゼC(ビタミンCと肝臓エキス)

毎日飲むといいですよ。ステマでした。笑

 

40代からの若見えメイクレッスン、無料でやってます。ご予約は、04-2952-4761まで。〠350-1319 埼玉県狭山市広瀬2-39-8

 


ABOUTこの記事をかいた人

北風貴子

最後まで、ブログを読んでくださってありがとうございます。 なか美容室では髪とお肌と同時にお手入れが出来るお店です。毎月のイベントも盛りだくさん。お客様が楽しく毎日を過ごせるようにお手伝い致します。アクティブエイジング!歳を重ねることは何にも怖いことはありません。キチンとお手入れを続けていれば必ず笑顔で過ごせる事間違いないです。 1964年安子先生(母)が埼玉県狭山市になか美容室をオープン。私が1967年に生まれパーマ屋のタカちゃんと呼ばれて育つ。 なか美容室ニ代目。現在は、主人と薬剤師(予定)の息子とヘアーメイクアーティストの娘(吉祥寺で一人暮らし)とココ(トイプードル・雄7歳)ルル(トイプードル・雌4歳)と暮らしています。 健康オタク。髪とお肌は健康な身体が作る通知表。現在、毎月中医学を学びおうちで出来る簡単薬膳を実践中。 将来は『家出カフェ』をオープンするのが夢。