黄耆おうぎを料理に使ってみた。


「髪とお肌のお手入れが同時にできる美容室」埼玉県狭山市に生まれ育ちました。なか美容室二代目北風貴子です。地元の美容室から元気になる!を毎日ブログで発信しております!

 

 

黄耆おうぎ……ポリープ(内蔵の引っ掻きキズ)に効きます。身体にバリアを作り、インフルエンザ・花粉・PM2.5・放射能などから守ります。

私は胃潰瘍や十二指腸潰瘍をやっていて、気がつかないうちに治ってるのを繰り返しているようです。(胃カメラやった時に言われた。)

胃腸に異常があるサインは、口の中がベタベタする、ねばる、ヘルペスができる。

胃腸が弱いと上に引っ張りあげる力(昇陽)が弱いので、肌がたるみやすい。ほうれい線、肌のハリがなくなります。

 

 

これからは味噌汁にも黄耆を少し入れてみよう。味はほんのり甘くなります。

多汗症の人にもいいです。

 

40代からの若見えメイクレッスン、無料でやってます。ご予約は、04-2952-4761まで。〠350-1319 埼玉県狭山市広瀬2-39-8

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

北風貴子

最後まで、ブログを読んでくださってありがとうございます。 なか美容室では髪とお肌と同時にお手入れが出来るお店です。毎月のイベントも盛りだくさん。お客様が楽しく毎日を過ごせるようにお手伝い致します。アクティブエイジング!歳を重ねることは何にも怖いことはありません。キチンとお手入れを続けていれば必ず笑顔で過ごせる事間違いないです。 1964年安子先生(母)が埼玉県狭山市になか美容室をオープン。私が1967年に生まれパーマ屋のタカちゃんと呼ばれて育つ。 なか美容室ニ代目。現在は、主人と薬剤師(予定)の息子とヘアーメイクアーティストの娘(吉祥寺で一人暮らし)とココ(トイプードル・雄7歳)ルル(トイプードル・雌4歳)と暮らしています。 健康オタク。髪とお肌は健康な身体が作る通知表。現在、毎月中医学を学びおうちで出来る簡単薬膳を実践中。 将来は『家出カフェ』をオープンするのが夢。